忍者ブログ
『鍵屋に鍵があるように、パン屋にパンがあるように、花屋に花があるように』 そこにいるのが当たり前な空気のような存在になりたい。
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 


とりあえず、書き留めておきます。
たぶんまた詳しく書きたいかな?


今日の稽古場で思ったこと。最近感じてたこと。


【見え方】と【見せ方】

【舞台】と【映像】

【見たいように見る】か【見せたいように見せるか】


舞台は誰に感情移入して観てもいいもの。
   ↓
ならば、誰にでも感情移入できる(させる)ように自分の芝居をしなくては!



この子は何を考えているの?
相手との関係は?
この子の中での一貫性。
お客さんにはどう見える? どう見せたい?
芝居全体でこの子のいる意味は?
このシーンでは何を見せたいの? 何を見せなきゃなの?



考え続けるのが悩むけど楽しい。
芝居は楽しい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
湯浅千津
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1987/09/10
趣味:
読書・観劇・落書き
自己紹介:
北園克衛と稲垣足穂が読みたい今日この頃です。
なんかわけがわからなくなると突然詩を書き出す謎の病持ちの23歳です。
将来の目標(夢)は誰かの心に残ること。
生きてるだけでは生きてることを実感出来ないのです。
なんかよくわからない紹介文になってきたので、このへんで。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[05/12 Backlinks]
[06/30 土肥 ]
[09/06 anzu]
[08/23 新潟妹]
[07/16 yuchi]
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]